• ホーム
  • インフルエンザとフィルターとキャッツクローについて

インフルエンザとフィルターとキャッツクローについて

せきが出る女性

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。
普通の風邪よりも発症が急で、症状が重いのが特徴です。
ウイルスに感染すると、1日から5日くらいの潜伏期間があり、その後、高熱や倦怠感、筋肉痛などの症状が出てきます。
一般的に、3日から7日くらいで回復しますが、肺炎や気管支炎を併発することもあるので注意が必要です。
インフルエンザウイルスは、強い感染力があるので、短期間で感染が広がってしまいます。
人間に感染するインフルエンザウイルスには、3つのタイプがあり、A型とB型が流行の中心となっています。
普段から、ウイルスに感染しないように、うがいや手洗いなどを徹底することも大事です。
家族がインフルエンザにかかった場合、治療と同時に、家庭内での感染を防ぐ必要があります。
感染者だけでなく、他の人もマスクをした方が安心です。
ウイルスは、空気が乾燥していると、感染しやすくなります。
そのため、加湿器を置いて部屋の湿度を上げることも感染の予防には効果的です。
ウイルス感染を予防するために、高性能フィルターを使った空気清浄機を使っている人も多いです。
インフルエンザを予防する植物として、注目を集めているのが、キャッツクローです。
キャッツクローは、南米のペルーに自生する植物です。
優れた抗炎症作用があり、ペルーでは万能薬として長年愛用されてきた植物です。
キャッツクローには、アルカロイドなど様々な有効成分が含まれています。
アルカロイドは、免疫力を高める効果が期待できます。
欧米では、様々な研究機関でキャッツクローの免疫力が研究されています。
エイズやヘルペス、インフルエンザに対するキャッツクローの有効成分の働きが、注目を集めています。

関連記事
人気記事一覧